病気について

ステント留置療法とは

金属製の網状チューブを血管内に留置して血流を確保する治療です。

ステントという小さな金属製の網状チューブを、バルーン(風船)にのせて、血管内に入れ、冠動脈まで送り込む方法です。バルーン療法と同じ要領で、狭くなった血管部分をバルーンで膨らませて拡げます。バルーンを膨らませることでステントも拡張します。十分に拡張した後、バルーンをしぼませて引抜き、ステントを血管内に置いておきます。その結果、ステントが血管の内腔を拡げた状態で支えていることになります。
バルーンで拡げてもすぐ血管が狭くなってしまう場合や、動脈硬化が進んでバルーンだけでは血管が拡がりきらない場合など、状況によってバルーン療法よりもステント留置療法が選択されます。
バルーン療法と比べて、再び血管が狭くなる率は減りますが、再び血管が狭くなることもありますので、治療後も定期的に冠動脈造影検査を受けて経過をみる必要があります。

ステント留置療法の手順

ステントをバルーンにのせたカテーテルを冠動脈の病変部に送り込む
 
バルーンを膨らませて、血管が細くなった部分を押し拡げる。同時にステントも拡張する
 
拡げた後、バルーンをしぼませてバルーンを取り除き、ステントを血管内に留置させる

バルーンとステント

実際に使用されているバルーンとステントをみてみましょう!!

バルーン


拡張前の状態

拡張している状態

ステント

ステントはバルーンの上にのせられた状態で病変部へ運ばれ、病変部でバルーンを拡げるとともにステントを拡張します。拡張後、バルーンだけしぼませて収納します。ステントは血管内に留置され、取り除くことはできません。

各種ご案内

受付時間

午前:月~土
8:00~11:00
午後:月~金
13:30~16:00
午前診察:
一部予約制(初診外来以外は完全予約制)
午後診察:
完全予約制

詳しくは下記をご覧ください。

  • 初診の方
  • 再診の方

診療時間

午前:月~土
9:00~12:00
午後:月~金
14:00~17:00

休診日

土曜日午後・日曜日・祝休日・
年末年始

面会時間

月~金
15:00~20:00
土・日・祝休日
13:00~20:00