病気について

不整脈とは

正常の心臓は規則正しく拍動し、血液を全身に送り出しています。心臓の拍動は、安静時はゆっくりですが、運動したり緊張した時は速くなります。心臓が血液を大動脈に送り出すと、脈が触れるようになります。心臓の拍動と脈拍は正常では一致していて、脈拍が規則正しいことは、心拍が規則正しいことを意味します。不整脈は、心拍が異常に速くなったり遅くなったり、または不規則になる状態で、脈も速くなったり遅くなったり、または不規則になります。不整脈は種々の心臓病のいくつかの症状の一つとして出現する場合や(例:虚血性心疾患や心筋疾患に伴う心室性不整脈、僧房弁膜症に伴う心房細動)、心臓以外の疾患に伴って出現する場合(甲状腺機能亢進症に伴う心房細動)もありますが、他に原因がなく不整脈単独として出現する場合があります。不整脈は一過性に出現することがありますが、多くは心臓の心筋障害が原因となって起こります。

各種ご案内

受付時間

午前:月~土
8:00~11:00
午後:月~金
13:30~16:00
午前診察:
一部予約制(初診外来以外は完全予約制)
午後診察:
完全予約制

詳しくは下記をご覧ください。

  • 初診の方
  • 再診の方

診療時間

午前:月~土
9:00~12:00
午後:月~金
14:00~17:00

休診日

土曜日午後・日曜日・祝休日・
年末年始

面会時間

月~金
15:00~20:00
土・日・祝休日
13:00~20:00